MCU入門 第7回 貴社にぴったりのMCUの設置場所③
– アクセスできる範囲

2011年5月掲載

利用者がアクセスできる範囲の違いで整理する

アクセスできる範囲の違いで、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドの3つに分けることができます。

パブリックプラウドとプライベートプラウドの説明

パブリッククラウドは、不特定多数がアクセスできる場所で、サービスを提供するものです。
一方、例えばWeb会議のASPプライベートクラウドは、特定の利用者だけにサービスを提供し、自社網内からのみアクセスできる自社のサーバー群をクラウド上に置きます。
ハイブリッドクラウドは、パブリッククラウドとプライベートクラウドの両方にまたがるサービスです。自社ないし自社グループ内だけで接続を行う場合は、プライベートクラウドがお勧めです。
他者が網内に入ってこられないため、セキュリティを高く保てるからです。

自社内だけなく、協力会社、お客様との接続も行いたい場合は、パブリッククラウドをDMZ* 感覚で利用しましょう。
この場合は、ファイアウォールとユーザー権限設定によって、不正アクセスを防ぎましょう。

* DeMilitarized Zone(非武装地帯)の略。
公開サーバーを設置する際、セキュリティを考慮して、LANとは別に設ける専用のネットワークセグメント。
— ASCII.jpデジタル用語辞典より

不正アクセス防止イメージ図