MCU入門 第8回 テレビ会議サーバの所有と利用の違いについて③
– ASP/Saasで利用

2011年7月掲載

テレビ会議サーバーを、ASP/Saasで利用する

工場は、他のユーザーとの共有です。工場の生産能力は、自社専用サーバーよりもはるかに高いものが使われていることが多いのですが、ユーザーの頭数で割ると、それなりのものになります。ただし、共有している分だけ、金額的には有利です。
工場と自宅は、品質をユーザーがコントロールできるVPNでは接続していません。
工場と自宅は、品質がすべて「ベストエフォート」になるインターネットで接続されています。

これを前提とすると、先述の3項目は、以下のようになります。

1.工場が、自分のために割り当ててくれるリソース
  自分のために利用できる能力=工場と契約した能力、です。

2.工場と自宅を結ぶ道路の広さ

3. 工場と自宅を結ぶ道路の品質
  どちらも、コントロールできません。
  正確には、自宅から出入りする道路の広さと品質は、ISP(プロバイダ。インターネット接続
  サービス提供事業者)との契約でコントロールできます。
  しかし、工場からインターネットに出る道路の広さと品質は、ASP/Saas提供事業者が契約を
  しているものなので、ユーザーはコントロールできません。

テレビ会議サーバーをASP/Saasで利用