Cisco(シスコ) TelePresence Video Communication Server 製品紹介

Cisco TelePresence Video Communication Serverの特長

ビデオコミュニケーションの市場では、現在 H.323端末・SIP端末・次世代アプリケーションと様々な ビデオコミュニケーションがあります。
Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS)は、1台のデバイスでこれらのSIP及びH.323間の異なった規格でのビデオコミュニケーションの利用をシームレスに統合することが可能です。
既存資産の有効活用・投資の保護の他機器間が統合されたコミュニケーションを実現します。マルチアプリケーションデバイスとしてビデオ会議の使い勝手を向上する3種類の独自機能を備えています。

デザインの特長
  • H.323およびSIPのあらゆる機器が使用可能
  • 容易な展開と高い信頼性を実現するアプライアンスベースのアーキテクチャ
  • あらゆるファイヤーウォールに対応
  • 完全なマルチベンダー・サポート
  • 安全性と信頼性
  • ラックマウント可能な1Uサイズ
オプション
  • ファイヤーウォール越え:H.460.18/19準拠(Multi-plexed Media サポートを含む)
  • ファイヤーウォール越え:STUN準拠
  • ファイヤーウォール越えの数は無制限
  • 指定ゾーンとデフォルトゾーンによる柔軟なゾーン構成
  • ゾーン内とゾーン外の帯域制御をサポート
  • IPv4/v6 変換を提供コール処理用のPolicyEngine URIおよびENUMダイヤリング
  • H.235による機器認証
  • 容易なインストールを実現する内蔵セットアップ・ウィザード
性能の特長
  • 最大2500件の機器登録とトラバーサルコールを100 セッション同時にサポート
  • 最大200のネイバーゾーン (トラバーサルゾーンを含む)
  • 高い拡張性を実現するURI ダイヤリング。安全な管理を可能にするHTTPS、SSH、SCP
  • 重要なストレージにはコンパクトフラッシュを使用し、その他の機能にはハードドライブを使用