Avaya(アバイア) IX Meetings Conferencing 製品紹介

Avaya IX Meetings Conferencing(アイエックス ミーティングス カンファレンシング)はMCUや社外H.323テレビ会議端末との接続が可能な、オンプレミス型テレビ会議多地点接続(MCU)サーバーです。さまざまな機能やニーズに合わせたライセンス数を自由に追加することができます。

Read more

Avaya(アバイア) SCOPIA PathFinder 製品紹介

Avaya(旧RADVISION)のPathFinderをご紹介しています。VPNなどの社内ネットワークと外部ネットワーク間を、セキュリティを低下させることなくFirewallやNATの問題を解決し、安全なテレビ会議環境を提供するH.323トンネリングソリューションです。

Read more

Avaya(アバイア) SCOPIA ECS Pro 製品紹介

Avaya(旧RADVISION)SCOPIA ECS Proのご紹介ページです。H.323通信における認証、アドレス変換、帯域制御などの機能を持ち、テレビ会議システムを包括的にサポートするH.323ゲートキーパーです。

Read more

Avaya(アバイア) Alternate iVIEW Suite with internal GK 製品紹介

Avaya(旧RADVISION)社のAlternate iVIEW Suite with internal GKは、冗長化としてiVIEW SuiteにGatekeeeperソフトウェアがパッケージされたシリーズです。パッケージは接続拠点数にあわせて3種類から選べます。

Read more

Polycom(ポリコム) RMX4000 製品紹介

フルHD1080p対応、Polycom RMXシリーズのフラッグシップモデル

  • H.323、SIP、PSTN、ISDN 対応(ISDNはオプション)
  • フルHD(1080p60fps)分割画面時最大100、HD(720p)最大400
  • SD画面分割時最大800
  • SIF/CIF画面分割時最大800
  • H.264ハイプロファイル対応
  • アドレス帳入力最大4000登録
Read more

Polycom(ポリコム) RMX1500 製品紹介

フルHD1080p対応、Polycom RMXシリーズのエントリーモデル

  • H.323、SIP、PSTN、ISDN 対応(ISDNはオプション)
  • フルHD(1080p)分割画面時最大15、HD(720p)最大30
  • SD画面分割時最大60
  • CIF画面分割時最大90
  • H.264ハイプロファイル対応
  • アドレス帳入力最大4000登録
Read more

MCU入門 第1回 MCUで何ができるの?①
– つながる相手をふやして、利用機会をふやす

MCU入門シリーズ第1弾「MCUで何ができるの?」です。MCUの導入効果を3つのポイントからご説明いたします。このページでは、つながる相手をふやして、利用機会を増やせる点について解説しています。

Read more

MCU入門 第2回 MCUの接続性について①
– 多地点接続をする方法の違いについて

MCU入門シリーズ第2弾「MCUの接続性について」です。MCUは、どのような機器が相手でも問題なく接続できるのか等について解説していきます。このページでは、多地点接続の方法の種類や、それぞれのメリット・デメリットについて詳しく紹介します。

Read more

MCU入門 第2回 MCUの接続性について②
– 接続範囲を広げる方法

多地点接続装置(MCU)の接続範囲を広げる方法について紹介します。同じIPで提供されるているものの対応プロトコルが異なるテレビ会議端末同士を接続する方法を大きく3つに分けて紹介・解説しています。

Read more

MCU入門 第3回 テレビ会議を自社IP網を越えて利用するための拡張について①
– ISDNテレビ会議端末と接続

MCU入門シリーズ第3弾「テレビ会議を自社IP網を越えて利用するための拡張について」です。社内と社外を接続する方法やNAT/ファイヤーウォール越えの仕組みなどを解説します。このページでは、ISDN対応のテレビ会議との接続について説明します。

Read more

MCU入門 第3回 テレビ会議を自社IP網を越えて利用するための拡張について②
– 電話や3G携帯のテレビ電話と接続する

H.323対応のテレビ会議が、MCUやGatewayを使って、3G携帯のテレビ電話、あるいは音声電話と接続する際の方法について詳しく解説します。

Read more

MCU入門 第3回 テレビ会議を自社IP網を越えて利用するための拡張について④
– H.323、H.460.18/19標準を利用する

H.323対応のシステムには、H.460.18/19と呼ばれる、NAT/ファイアウォール越えのための標準が用意されています。H.323では、リアルタイム性を重視してUDP接続を利用します。このページでは、その開発経緯と技術解説を行います。

Read more

MCU入門 第3回 テレビ会議を自社IP網を越えて利用するための拡張について⑤
– 複数NICを搭載し、ネットワークレベルで越える

MCU自体に複数のNICを搭載し、ネットワークレベルでNAT/ファイアウォールを越える方法について説明します。ネットワークレベルでのNAT / ファイアウォール越えなので、H.323 / SIPのいずれでも利用可能です。

Read more

MCU入門 第4回 MCUを最大限に利用するためのサーバーソフトウェアスイート①
– サーバーソフトウェアスイート概論

MCU入門コーナー第4弾「MCUを最大限に利用するためのサーバーソフトウェアスイート」です。このページでは、MCUの機能を最大限に引き出す”サーバーソフトスイート”について説明します。

Read more

H.323(IP用)対応のテレビ会議とH.320(ISDN用)対応のテレビ会議をMCUで混在させて、通信を行うことは可能ですか?

MCUに関するFAQ、「H.323(IP用)対応のテレビ会議とH.320(ISDN用)対応のテレビ会議をMCUで混在させて、通信を行うことは可能ですか」のページです。

Read more